ふゆみずたんぼ米一覧

ひとめぼれ

fuyu-hito.jpg

発送単位 5号 10号 15号 20号 25号
キロ数(玄米) 5 10 15 20 25

30年度産

2,250 4,500 6,750 9,000 11,250

令和元年度産

2,500

5,000

7,500

10,000

12,500

※税込価格

 

送料一覧表

                                                   単位:円

地域

号数

北海道

東北

関東

信越

北陸

中部

関西

中国

四国

九州

沖縄

5

1,000

800

900

1,000

1,100

1,200

1,300

2,100

10

1,020

820

920

1,020

1,120

1,220

1,320

2,620

15

1,220

1,020

1,120

1,220

1,320

1,420

1,520

3,120

20

1,340

1,040

1,140

1,240

1,340

1,440

1,540

3,640

25

1,540

1,340

1,440

1,540

1,640

1,740

1,840

4,140

※別途、地域別の送料がかかります。(H29.10.1より)

※白米の場合は玄米より1割減となります。

※30Kgご希望の場合はご相談ください。

otamesi.jpg    gotyumonS.jpg

ふゆみずたんぼとは?

fuyumizu1.jpg

ラムサール登録地『蕪栗沼・周辺水田』で作られたふゆみずたんぼ米です。

冬場には田んぼに水が張られ、野鳥が羽を休めたり、エサをついばむ光景

が見られます。地域で無農薬に取り組んでいるため、飛散農薬も少ないの

が特徴です。環境に重点を置いた田んぼ作りをしています。

 

ふゆみずたんぼの歴史は300年前に遡ります。会津農書にたふゆみずとして

紹介しています。簡単に言えば冬の田んぼに水を張るだけのことですが宮沢賢

治と交流を持つ山形の篤農家、松田甚二郎はその著書、続土に叫ぶ(昭和17

年発行)の中で乾田では350貫の堆肥が必要だが冬期灌漑では250貫の堆

肥で済むと記述しております。つまり微生物の働きにより有機質の分解が進み

昭和初期では40パーセントもの肥料をふゆみずたんぼで作り出していること

になります。自然の営みを利用した天然の肥料と無農薬栽培でお米を作ること

により田んぼそのものの、あらゆる生物を増やし自然にも優しい農法です。

 

 

ササニシキ

fuyu-sasa.jpg

発送単位 5号 10号 15号 20号 25号
キロ数(玄米) 5 10 15 20 25
令和元年度産 3,000 6,000 9,000 12,000 15,000
30年度産 2,750 5,500 8,250 11,000 13,750

※税込価格

 


 

送料一覧表

                                                   単位:円

地域

号数

北海道

東北

関東

信越

北陸

中部

関西

中国

四国

九州

沖縄

5

1,000

800

900

1,000

1,100

1,200

1,300

2,100

10

1,020

820

920

1,020

1,120

1,220

1,320

2,620

15

1,220

1,020

1,120

1,220

1,320

1,420

1,520

3,120

20

1,340

1,040

1,140

1,240

1,340

1,440

1,540

3,640

25

1,540

1,340

1,440

1,540

1,640

1,740

1,840

4,140


※別途、地域別の送料がかかります。(H29.10.1より) 

※白米は玄米より1割減となります。

※30Kgご希望の場合はご相談ください。   

otamesi.jpg    gotyumonS.jpg

お問い合せ電話番号
TEL:0229-87-4462